デジタル一眼カメラ α Eマウント「α7R Ⅲ」_ProductD (20002379)

ソニーストア

イベントレポート、東京オートサロン2018 車も美女も撮影練習には持ってこい!!

こんにちは!ベストショットのロボです!

今回も知ってるだけで被写体の魅力を最大限引き出すための撮影ノウハウを情報発信していきます!

あなたは東京オートサロンに行ったことありますか?

今回は東京オートサロンでできる人物撮影の練習についてレポート致します。

当然車のイベントなのでかっこいい車も撮影しましょう!!

では簡単にオートサロンについて説明いたします。

1.東京オートサロンとは

東京オートサロン実行委員会が主催するイベントです。1983年に「東京エキサイティングカーショー」の名称でスタートし、今回(2017年)で第35回目となるカスタムカーの展示会です。カスタムカー文化を世に広めることを目的にスタートしましたが、年々規模を拡大し自動車メーカーの出展も相次いでいます。3日間の入場者数は約30万人。日本最大級のカスタムカーイベントです。

2.東京オートサロンに参加!

では入場から撮影、帰りまでの流れを紹介します。

何時ぐらいから行けばいいのかなど気になると思います。

正直、私も何時ぐらいから並べばよいのかわからなかったのと死ぬほどこむよと脅されたのでビビって始発からいってしまいました。

2.1.現地到着!そこまで急ぐ必要はなかった、、

入場料は前売り2000円、当日2500円 前日まで購入できるのでコンビニで前売りがおすすめ

場所は幕張メッセ:最寄駅は海浜幕張駅

開場は朝9時ですがめちゃめちゃ並んでいたらどうしようと思ったので始発で行くことにしました。

私が住んでいるところから始発で行くと朝の6時ぐらいに到着

ゲームショウとかの感覚でいくと始発でいっても行列ができているのですが7時30分になるまでスタッフすら来ませんでした。

結論から言うとそんなに急がなくてよ方です。8時ぐらいに並び始めれば余裕で入れます。

2.2.中に入って地図を確認

8:30には屋内通路のところまではいれたので暖かい場所に入れました。

9時ちょうどに開場、決して走るのはやめましょう。

転んでカメラを壊した人を見たことがあります。

入口で受け取った地図はこんな感じ

死ぬほど広い!!

正直1日じゃ回りきれないです。

なので今回は9,10,11ホールだけにしました。

ここだけでも4時間以上かけてグルグルしてました。

2.3.こんな場所をまわってました!屋内イベント撮影

では写真を紹介しながら説明していきたいと思います。

今回使ったのは

カメラ:Sony製 a7s

レンズ:Distagon FE 1.4/35 ZA

フラッシュ:HVL-F32M

です。

フラッシュは直接当てるのではなくバウンスといって壁や天井に強い光を当ててその反射で光を当てます。直接当ててしまうと真っ白になってしまうのと光のバランスが悪く違和感が出てしまうので

【TOP SECRET】

ILCE-7S
f/1.4、SS:1/60、35 mm、ISO 125

明るさの調節とこういう場所での撮影は5カットぐらいで終わらせないとたくさん回ることができないし他の人にも迷惑になってしまいます。

上写真はTOP SECRETの車です。この日展示されていた車はほとんど売れてしまったそうです。

ILCE-7S
f/2.8、SS:1/100、35 mm、ISO 400

全体的にピントを合わせるために少しだけ絞りをあげてf/2.8にしました。

【Scuderia46】

ILCE-7S
f/1.4,1/60,35 mm,ISO 100

上写真はのScuderia46ブースでの撮影、背景のベントレーをぼかしてモデルを強調して撮影しました。

【SPACOR】

ILCE-7S
f/1.4、SS:1/100、35 mm、ISO 640

上写真はSPACORのブースでの撮影。引きの絵で全体を撮影、引きで撮影した場合はモデルさん以外の展示物にもピントが合いやすいです。

【AIWA】

ILCE-7S
f/1.4、SS:1/100、35 mm、ISO 250

ちょっと車も撮影、フロア内で一番目立っていたかもしれない車です。

ド派手なファイヤーターン塗装がくわえられたアメ車です。カラフルなフレーク塗料が特徴なHOUSE of KOLOR(ハウスオブキオーラ)を扱うAIWAが1年かけて製作した渾身の1台だそうです。

こんな車乗ってたらからまれそうだな、かっこいいけど

【G’ZOX】

ILCE-7S
f/1.4,SS:1/160,35 mm,ISO 500

上写真はG’ZOXのブース、ショータイムでダンサーさんが踊るというエキゾチックな空間

照明が落ちてさらに動きがあるのでシャッタースピードを速くしてISOを上げています。

動きものなので難易度高めです。

3.使用機材

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品/在庫あり】SONY Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA SEL35F14Z
価格:169560円(税込、送料無料) (2018/1/21時点)

4.まとめ

東京オートサロン2018について紹介させていただきました。

いかがだったでしょうか

こういった場所に出向くと車の展示もたのしみつつ撮影の練習にもなるので一石二鳥です!

大きなイベントは必ず自由に撮影できる場所があるのでがんばって撮影しにいきましょう!

魅力的な写真をとると満足度が上がってさらによい写真が撮りたくなるものです。

また普段お目にかかることができない美しい人たちに合えるのも魅力の一つです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

投稿者プロフィール

ロボ
会社員の傍ら、カメラマンとして様々な人、ダンサー、俳優、コスプレイヤー、家族を撮影。
自身も10年以上のダンサー経験を活かしダンスイベントの撮影を請け負う。
2017年 国連OCCAMプロジェクト~花とアートでつなぐ平和の輪~
     優秀作品賞受賞